【巻かないスワドル】ジッパーで使い方カンタン!エルゴポーチのおくるみを紹介

新米パパママのなかには「おくるみ(スワドル)を買いたいけど使い方がわからない。」「巻き方を見てみたけれど、なんだか難しそう。」と使うのをためらっている方もいるのではないでしょうか?


そんなパパママに知ってほしいのが、エルゴポーチのスワドルです。

エルゴポーチのスワドルにはジッパーがついているので使い方は簡単。新生児を素早く包んであげることができますよ。


今回は、エルゴポーチのスワドルの使い方のコツをご紹介します。



エルゴポーチのスワドルとは?

エルゴポーチのスワドルを知らない方のために、まずは簡単にアイテムの特徴を紹介します。


赤ちゃんの体温を一定に保つ


エルゴポーチのTOGを紹介する画像

エルゴポーチのスワドルは、赤ちゃんが快適に眠れる温度を保てるよう室温に合わせて選ぶのをおすすめしています。その理由は、TOG規格に合わせてデザインされているからです。


TOGとはThermal Overall Gradeの略で、寝具の保温性や断熱性を表す指標で、エルゴポーチではTOGをもとに夏用・冬用・オールシーズン用の3種類を扱っています。


部屋の温度に合わせたスワドルを着せることで赤ちゃんの体温を一定に保つことができ、季節ごとの肌着や寝具選びに迷う必要がなくなります。

 

ジッパーカバーで赤ちゃんの首元を守る


首元のカバーで安心を説明している

エルゴポーチのスワドルは、上下どちらからも開くダブルジッパーで設計されています。


赤ちゃんのデリケートな肌に金属が直接触れないように、ジッパーの上部(首元)にはジップカバーがついていて安心。巻き込みなどでケガをさせる心配もありません。


ジッパーで簡単♪エルゴポーチのスワドルの使い方

エルゴポーチのおくるみの包み方を説明している

先ほど説明したように、エルゴポーチのスワドルは一枚布のおくるみとは違ってジッパーがついています。


このジッパーを使えば簡単に赤ちゃんを包むことができます。では、使い方を見ていきましょう。


1.おくるみを平らな場所に置き、ジッパーを一番下まで下げてスワドルの前面を左右に大きく広げます。
2.おくるみの上に赤ちゃんを寝かせます。
3.赤ちゃんの両足をおくるみの中に入れ、ジッパーを下から引き上げ、腰のあたりまで閉めます。
4.赤ちゃんの腕を胸の前に置きます。
5.ジッパーを上まで閉めれば完了です。


ジッパーは一気に上まで引き上げて閉めるのではなく、下から少しずつ閉めていくのがコツです。


とってもわかりやすい「着脱&おむつ替えの方法」はこちらの動画で紹介しているので、チェックしてみてくださいね♪






エルゴポーチのスワドルはここが違う!

ジッパータイプ(ファスナー)のメリットを説明している

エルゴポーチのスワドルが一枚布のおくるみと大きく異なる点は、何と言ってもジッパーがついていること。このジッパーがあることで、簡単に新生児の赤ちゃんを包むことができます。


そんなジッパータイプのスワドルのメリットを紹介します。


巻き方を覚える必要がない


巻き方を覚えなくて良いことを説明している

一枚布のおくるみは月齢によってぴったりの巻き方があり、それぞれ使い分ける必要があります。


さらにおくるみには長方形や正方形とさまざまな形があり、形にあわせた巻き方をしなければなりません。


いろんな巻き方がありますが、やり方を覚えて手早く巻くのは難しいもの。使い方を考えたり調べたりしているうちに面倒になり、おくるみを使うことを諦めてしまったパパママも多いかもしれません。


その点、エルゴポーチのスワドルならジッパーを上げるだけなので、お洋服感覚でパパッと着せることができます。


今まで悩んでいたのは何だったのかと思うほど、あっけなく使えるはず。おくるみを使いたいけれど断念してしまったパパママおすすめです。


赤ちゃんが動いても巻きやすい


動いても巻きやすいことを説明している

一枚布のおくるみを実際に巻こうとすると、赤ちゃんがもぞもぞと動いてしまい手こずることも。赤ちゃんをおさえつけるわけにはいかないので難しいですよね。


また、夜中の眠い時間はいつも以上に頭が働かないもの。そんな時でも考えずにサッと巻けるので、睡眠時間も確保しやすくなるかもしれません。

他の家族を起こしてしまう心配もなくなりますね。


エルゴポーチのおくるみに包まれた姿はまるでミノムシさんのよう。見た目がとってもかわいいので思わず笑顔がこぼれます。


親子でぐっすり快適に眠れるキュートなアイテムを試してみてくださいね。





エルゴポーチのコクーンスワドルバックについてくわしく知りたい方は、「おくるみは必要?いらない?選び方やおすすめしたいエルゴポーチのスワドルを紹介」の記事をチェック!



エルゴポーチを愛用しているパパママのレビューを紹介!



@momoka_fukawa



赤ちゃん特有のモロー反射を抑えてくれ睡眠の質を高めてくれる着るおくるみ👶🏻

ブランケットだと巻き方が難しかったりはだけてしまったりしたのでとっても簡単で便利!


これは着脱やおむつ交換もしやすい設計で使いやすい◎ 伸縮性も高くてお腹の中の環境に似たフィット感だから赤ちゃんも心地良いみたい🤰🏻💕


股関節に優しいベル型ボトムやGOTS認証のオーガニックコットンなのも嬉しい💭

サイズや素材はいくつかあるんだけど生まれてすぐ使える新生児用、夏に向けて一番薄いCOOL POUCHにしたよ☀️


診断&メール会員登録すると15%OFFのクーポンがもらえるそうです👌🏻



 
@krt_baby


腕の部分はスナップになっているので締め付けが苦手な赤ちゃんでも腕を出して使用できるところが嬉しいポイントですね🥰

(ぽんきちはどちらかというと腕を出して解放的に寝るのが好みみたいです🤣笑)

さらにチャックが2つ付いてるので、わざわざスワドルを脱がすことなく寝ていても起こさずにおむつ替えが出来ます!👍


また、ぽんきちは寝ている時も足をよく動かしているのか、タオルケットをかけて寝かせていても気づいたら自分で蹴ってしまってかかっていない!なんてことも… しっかり身体を包み込んでくれるのでお腹が冷えないのも安心です🥹❤️


※一部抜粋




エルゴポーチのスワドルは使い方カンタンで巻き方いらず!

今回は、ジッパータイプで簡単に巻けるエルゴポーチのスワドルの使い方を紹介しました。


一枚布のおくるみは、巻き方を覚えなければいけないうえに、赤ちゃんが動くと上手く巻けないこともあります。


エルゴポーチはダブルジッパータイプなので、着せるときはもちろんおむつ替えもササっとできます。時短ができるので赤ちゃんがぐっすり眠れるのはもちろん、パパママの睡眠不足解消にもつながります。



新生児向けのスワドル選びで悩まれる方は、30秒で最適なアイテムが見つかる「アイテム診断」がおすすめ!


エルゴポーチのメールマガジンでは、お得な情報やショップからの最新情報をお届けしています。気になる方はぜひご登録ください。


また、アイテムやイベントの最新情報、ユーザー様のレビューなども「Instagram」で投稿しているので、チェックしてみてくださいね。



 

 

 

関連記事

人気ブログ

今すぐできるモロー反射対策を紹介している
  新生児期は、お母さんにとって慣れない夜勤の連続です。新生児期の赤ちゃんを育てるママたちは、夜中の授乳やおむつ替えなどでほとんど寝られず、常に疲れた状態が続いています。日中も、授乳、オムツ替え、お風呂、寝かしつけなど、やらなけれ...