コンテンツへスキップ

カート

カートが空です

赤ちゃんのスワドル(おくるみ)は何枚必要?出産準備中や現役パパママのための完全ガイド
おくるみ

赤ちゃんのスワドル(おくるみ)は何枚必要?出産準備中や現役パパママのための完全ガイド

おくるみは赤ちゃんを育てるうえで何枚あっても助かる重要なアイテム。退院のときや寝かしつけ、外出までいろんな場面で使えます。しかし、何枚くらいいるのか気になりますよね。今回は、赤ちゃんのおくるみは何枚くらい必要なのか、またエルゴポーチのおすすめスワドルを紹介します。実際に使ってみたリアルなパパママの口コミも紹介するので、参考にしてみてくださいね。





赤ちゃんのスワドル(おくるみ)は何枚必要?

では早速、おくるみやスワドルは何枚用意するとよいのか見ていきましょう。

2枚以上あると便利

赤ちゃんのおくるみは、ズバリ2枚以上用意しておくのがおすすめ。


寝かしつけで毎日使うとなると、1枚でまかなうのは難しいでしょう。


雨の日や梅雨時期などに洗濯すると、次の日までに乾かないことはよくありますよね。


そのため、おくるみやスワドルは洗い替えとして何枚か持っていると安心です。


スワドル(おくるみ)が何枚かあれば汚れても安心


赤ちゃんのおくるみ(スワドル)は何枚必要?の画像

寝かしつけにおくるみやスワドルを使っていると、以下のようなケースで着替えが必要になることがあります。


  • おむつ替え時に便が漏れる
  • 夏場で汗をかく
  • 赤ちゃんがミルクを吐き戻す

パパママからは「お昼寝中や夜間におむつ替えをする際、便が漏れておくるみに付いてしまった」という声をよく聞きます。


また、授乳後のミルクの吐き戻しによって汚れてしまうことも。さらに赤ちゃんは汗っかきなので、夏場には着替えが必要になります。


なかにはおくるみやスワドルを1枚しか持っておらず、洗濯した後にドライヤーで乾かして使っているパパママもいるそう。


仕事や家事で忙しい中で、ドライヤーを使って乾かすのは手間も時間もかかって大変。


洗い替えとして何枚か準備しておけば、汚れてもすぐに新しいものを使うことができるため、パパママの負担も多少は楽になるはずです。


スワドルとおくるみの違い

一枚布のおくるみは赤ちゃんに巻いて使うものです。寝ている途中にはだける場合があり、赤ちゃんの体温を保ちにくくなったり、顔にかかると窒息の危険性があったりします。


一方スワドルは首元までのジッパータイプなので、巻き方を覚える必要がなく誰でも簡単に使えます。


布団いらずで使えるので赤ちゃんが窒息死する危険性がなく、赤ちゃんのモロー反射を防ぎながら安全に寝かしつけできるアイテムです。


出産準備中や子育て中のパパママのなかには、おくるみとスワドルってほかに何が違うの?どっちを買えばいいの?と悩んでいる方もいるでしょう。


くわしくは「スワドルとは?おくるみとの違い4つとおすすめ商品をくわしく解説」で解説しているのでぜひご覧ください♪



\何枚あっても飽きないかわいいデザインでパパママに人気♪/


【季節別】エルゴポーチのスワドル(おくるみ)の選び方

ここでは、エルゴポーチのスワドルの選び方を季節別にまとめました。


春秋


【季節別】エルゴポーチのおくるみ(スワドル)の選び方の画像

春と秋は1年のなかでも比較的過ごしやすい気温の地域が多く、エアコンなどの空調設備を使わずに過ごしている家庭も多いかもしれません。


その一方で朝晩の気温変化が大きい場合もあるため、ほどよい厚みがあり裏起毛になっているオールシーズン用のスワドルを選ぶとよいでしょう。


エルゴポーチのスワドルは、室温にあわせて生地の厚さを選ぶことをおすすめしています。


どれを選べばよいか迷っている方は「TOG着せ方ガイド」をチェックしてみてくださいね。



\オールシーズン用のスワドルはこちら♪/



【季節別】エルゴポーチのおくるみ(スワドル)の選び方の画像

スワドルを着せれば冷房による寝冷えを防いでくれるので、夏場にも重宝するアイテム。


夏はとくに赤ちゃんが汗をかきやすい時期でもあるので、薄手のスワドルを着せるのがおすすめです。


ただし、赤ちゃんが寝る部屋の温度が低い場合には厚みがあるスワドルを着せたほうがよい場合もあるため、室温にあわせて選びましょう。


夏に使うスワドルの選び方は、「夏にこそ使って欲しい「エルゴポーチの涼しい夏用おくるみ」」で解説しています♪



\夏用のスワドルはこちら♪/



【季節別】エルゴポーチのおくるみ(スワドル)の選び方の画像

エルゴポーチの冬用スワドルは、夏用やオールシーズン用よりも厚みがあるものの、裏地はパイル地になっています。


赤ちゃんが寝る部屋の温度が低い場合は冬用のスワドルと肌着を組み合わせるのがおすすめですが、空調などで部屋を温かくしている場合は室温にあわせて適切なものを選びましょう。


冬に使うスワドルの選び方は「【必須アイテム】冬用おくるみの選び方&おすすめ商品 退院時にも大活躍!」でくわしく紹介しています♪



\冬用のスワドルはこちら♪/


【レビュー】エルゴポーチのスワドルを使っているお客様の声

エルゴポーチのスワドルを実際に使っているパパママの口コミを紹介します。


使い心地やサイズ感などが気になるパパママは買う際の参考にしてみてくださいね。


口コミ①



@akinai_baby


今回の出産準備で、新しく買う物リストを作るのに

色々と調べていた時から気になっていた、

巻かないおくるみのスワドル🕊️


半ば半信半疑だったから、買わずにいたんだけど、

これで寝つきが良くなるならいいよなぁ〜と

すごく気にはなっていて…😅


そこで。

実際試してみてどうだったかというと、


…絶対買った方がいい‼️(笑)

なんなら洗い替えも含めて何着かあるといいかも🧺


もう、スワドルに入っている時といない時とじゃ、

寝かしつけにかかる時間が段違いでした😂😂😂





口コミ②



@hikarikitagawa_


エルゴポーチを使ってみたらやっぱり

4時間〜7時間はぶっ通しで寝てくれる🤣(5ヶ月)


私が、5人ママなのに比較的楽しく子育て出来てるのは

これのおかげで少しは寝れているからです☺️

赤ちゃんのほっぺの荒れも綺麗になくなってツルツル✨✨


しかも、肌触りが最高に気持ちいい☺️♡

オーガニックコットン仕様なんだって〜♡


で、こちらのスワドル

めちゃくちゃプレゼントにいいなと思ったのです笑

正直、役に立たなかったって言う人少ないんじゃないかな?

と思うし1日も欠かせたくない&旅行にも絶対持って行きたい。


なので洗い替え必須だから2.3枚被ってもらってても

何も困らない!むしろ嬉しい🤣





※一部抜粋



赤ちゃんのスワドルは何枚か用意しておくと安心

今回は、赤ちゃんのおくるみやスワドルは何枚くらい必要なのかを理由とあわせて紹介しました。


おくるみやスワドルは、おむつ漏れや寝汗などで汚れたり替えが必要になったりするため、少なくても2枚程度は持っていると安心です。


何枚か用意しておけば汚れたときの洗い替えとして便利なのはもちろん、毎日洗濯をしなくてもいい状態にしておくことで心の余裕にもつながります。


スワドルは何枚あってもいいもの。赤ちゃんの寝かしつけに困っているパパママや、出産準備中のパパママは、今後のために何枚かまとめ買いするのがおすすめです。





新生児向けのスワドル選びで悩まれる方は、30秒で最適なアイテムが見つかる「アイテム診断」がおすすめ!


エルゴポーチのメールマガジンでは、お得な情報やショップからの最新情報をお届けしています。気になる方はぜひご登録ください。


また、アイテムやイベントの最新情報、ユーザー様のレビューなども「Instagram」で投稿しているので、チェックしてみてくださいね。





もっと読む

スワドルとおくるみの違いとは?効果や選び方についても解説の説明をしている

スワドルっておくるみと違うの?効果や選び方について解説

赤ちゃんをすっぽりと包み込んでくれる育児アイテムの「スワドル」。赤ちゃんがよく眠ってくれる人気アイテムですが、「おくるみとの違いは?」「どんな効果がある?」と疑問に思われている方も多いでしょう。 そこで今回は、スワドルとおくるみの違いや効果、選び方について解説します。エルゴポーチがおすすめするスワドルの特徴も一緒にご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。 スワドルとおくるみの違い ...

もっと見る
夏用スワドルで赤ちゃんの眠りを快適に。メリットや選び方とおすすめアイテム
スリープブログ

夏用スワドルで赤ちゃんの眠りを快適に。メリットや選び方とおすすめアイテム

スワドルは、暑い夏の夜も赤ちゃんが快適に過ごすために効果的なアイテム。赤ちゃんを包み込んで安心感を与え、ぐっすりと眠れるようサポートしてくれます。 しかし、「スワドルを着せると赤ちゃんが暑いのでは?」と心配なパパママも多いでしょう。そこで今回は、夏にスワドルを使うメリットや選び方、おすすめのアイテムなどを紹介します。 そもそもスワドルとは? スワドルは、赤ちゃんをやさしく包み込む布のこ...

もっと見る